1. Home>
  2. コースガイド

コースレイアウト

高い技術・戦略性が要求されるコースレイアウト

飯能ゴルフクラブはゴルフ好きの紳士たちにより、昭和35年に開場しました。
名匠和泉一介の手による18ホール、6910ヤード・パー72の美しい松林にかこまれたフラットな林間コースですが、
鯉ヶ久保池を中心に戦略性の高いコースレイアウトに設計されています。
第33回日本女子オープンなど数々の公式競技でも多くの出場選手を悩ませた、非常に難易度の高いコースです。

 

 

コース詳細はこちらから

 

コース図上の数字をクリックしても詳細画面がご覧いただけます。












ヤーテージブック(コースガイド)を
フロント売店で1,000円(税別)にて販売しております。

見本はこちら(PDF)


Aグリーン

TOTAL

BACK 6910Y
REG. 6459Y
LAD. 5853Y
PAR 72
男子コースレート(スロープレート) BT73.0(130) RT70.8(126) LT68.0(119)
女子コースレート(スロープレート) BT80.4(143) RT77.8(138) LT74.0(131)

 

OUT No 1 2 3 4 5 6 7 8 9 total
PAR 4 5 3 4 4 3 4 4 5 36
BACK TEE 423 513 220 404 352 167 427 422 511 3439
REG. TEE 399 490 201 370 332 146 400 397 480 3215
LAD. TEE 364 479 182 358 321 136 367 329 470 3006
HDCP 9 15 3 1 7 13 5 11 17

 

IN No 10 11 12 13 14 15 16 17 18 total
PAR 4 4 3 4 5 4 3 5 4 36
BACK TEE 406 431 195 405 487 443 195 580 329 3471
REG. TEE 388 407 155 390 470 399 172 553 310 3244
LAD. TEE 346 310 144 288 463 360 153 483 300 2847
HDCP 10 4 16 8 14 2 12 6 18

 

 

Bグリーン

TOTAL

BACK 6560Y
REG. 6110Y
LAD. 5503Y
PAR 72
男子コースレート(スロープレート) BT71.5(128) RT69.2(124) LT66.2(118)
女子コースレート(スロープレート) BT78.1(140) RT75.6(134) LT71.8(128)

 

OUT No 1 2 3 4 5 6 7 8 9 total
PAR 4 5 3 4 4 3 4 4 5 36
BACK TEE 415 495 189 390 332 148 414 386 488 3259
REG. TEE 392 471 170 356 312 127 387 362 457 3034
LAD. TEE 356 461 151 344 301 117 354 293 447 2824
HDCP 9 15 3 1 7 13 5 11 17 -

 

IN No 10 11 12 13 14 15 16 17 18 total
PAR 4 4 3 4 5 4 3 5 4 36
BACK TEE 379 396 186 401 469 433 163 551 325 3303
REG. TEE 362 371 146 384 453 389 140 524 307 3076
LAD. TEE 319 275 135 284 445 350 121 454 296 2679
HDCP 10 4 16 8 14 2 12 6 18 -

名物ホール

1番ホール 距離のあるミドル。
250ヤード付近からの下り傾斜が左に流れやすく、
さらに左側の林は見た目より浅く入りやすいので要注意。
フェアウェイのやや右よりが狙い目。
8番ホール 右の林は7番から傾斜になっているので、
戻ってくることもあり、さほど怖くない。
一方左の林はグリーンが狙えないので第1打は右目に落としたい。
グリーン右手前にも高い松が数本あり、位置によってスタイミーになる。
ティショットの落とし場所で難度が大きく変化する。
10番ホール インコーススタートホール。
池越えでやや左に曲がっているが見た目よりも距離はない。
正面の林に入れるとグリーンは狙えないので
左の林いっぱいの目標が良い。
15番ホール 距離の長いミドルホール。
2打目が上がりとなるためどうしても第1打の飛距離がほしい。
ただし、左側は傾斜になっておりOBになりやすい。
第1打をフェアウェイ右端のフラットな場所に打ち、
セカンドはグリーン中央やや左側を大胆に攻めたい。

 

コース写真館

18番堤防から見た
18番堤防から見た
春の桜満開の鯉ヶ久保池(4月)

10番フェアウエイから見た
10番フェアウェイから見た
春のツツジ満開の鯉ヶ久保池(4月)
フェアウエイの桜(4月)
9番
フェアウェイの桜(4月)

右側の桜(4月)
1番ティーインググラウンド
右側の桜(4月)

グリーン散水風景(4月)
クラブハウス前から見た夕焼けと
グリーン散水風景(4月)
恋ヶ窪池(5月)
10番ティーインググラウンドから
見た春の鯉ヶ久保池(5月)
満開の藤(5月)
1番ティーインググラウンド横の
満開の藤(5月)

春の練習グリーン(5月)
クラブハウス前の
春の練習グリーン(5月)
紫陽花(6月)
6番ティーインググラウンド脇の
紫陽花(6月)
夏空とフェアウエイ方向(7月)
18番グリーンから見た
夏空とフェアウェイ方向(7月)

夏景色(8月)
14番グリーンから見た
夏景色(8月)
夏のクラブハウス方向(8月)
10番フェアウェイから見た
夏のクラブハウス方向(8月)
夏空(8月)
17番グリーン後方から見た
夏空(8月)
グリーン(8月)
17番の夏空と
グリーン(8月)
夏の9番フェアウエイ
6番グリーン脇から
夏の9番フェアウェイ方向(8月)
夏景色(8月)
10番ティーインググラウンドの
夏景色(8月)
フェアウエイ(8月)
17番グリーン方向から
見た夏のフェアウェイ(8月)
夏の空(8月)
14番グリーンと
夏の空(8月)
フェアウエイ(8月)
15番グリーン方向から見た
夏のフェアウェイ(8月)
恋ヶ窪池(9月)
10番ティーインググラウンドから見た
初秋の鯉ヶ久保池(9月)
もみじの紅葉(10月)
4番グリーン奥の
もみじの紅葉(10月)
秋の夕日(10月)
クラブハウス前から見た
秋の夕日(10月)
クラブハウス(11月)
玄関から見たもみじの紅葉と
クラブハウス(11月)
クラブハウス(1月)
9番フェアウェイから見た
雪化粧したクラブハウス(1月)
恋ヶ窪池(2月)
18番堤防から見た
雪化粧した鯉ヶ久保池(2月)
フェアウエイ(2月)
8番グリーンから見た
雪化粧したフェアウェイ(2月)
 

 

 

ページの一番上に戻る